J-AB Japan Ablation カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト

J-ABレジストリ参加手順

Step ①:倫理委員会承認 or 機関の長の許可

・J-ABレジストリ参加にあたり、手続き方法を以下のチャートでご確認ください。
* クリックすると、拡大されます。

Step1A. 倫理委員会申請【Step1A. 倫理委員会申請】へお進みください。

Step1B. 機関の長の許可【Step1B. 機関の長の許可】へお進みください。

Step ②:症例登録をするための手続き(REDCap登録)

・倫理委員会承認後あるいは所属長の許可後、以下の手続きをお願いいたします。
【Step2. REDCap登録】のタブ内の【REDCapユーザーになるための必読資料】の【必読1】【必読2】をお読みください。

・お読みいただきましたら、【提出1】【提出2】をダウンロードし、必要事項記入の上、J-ABレジストリ事務局へメールで送付してください。

Step ③:REDCapのパスワード設定

事務局側が【提出1】【提出2】を受理すると、事務局より受領メールが送られます。

・もし、1週間経過してもメールが届かない場合、事務局へご連絡下さい。

・REDCapアカウントのpasswordの変更をお願いいたします。

Step ④:症例登録開始

・倫理委員会承認後あるいは機関の長の許可を得た後実施のアブレーション症例に関し、登録を開始してください。

REDCap入力方法(ポケット版)はこちら➥

・登録患者の情報を管理するために、貴施設にて対応表をご準備ください。

対応表はこちら ➥

・ご不明な点は、Q&Aをご参照ください。

バルーンを用いた心房細動アブレーションの施設認定に伴う登録の注意点

J-AB事務局レジストリでは、倫理委員会承認後(または所属機関の長の許可を得た後)にアブレーションを施行された症例について登録をお願いしております。バルーンを用いた心房細動アブレーションの施設認定に、J-ABへの登録数が用いられることがなったことを受け、J-ABレジストリ事務局では下記の対応をしております。
1) 2018年7月27日以降の症例については、遡っての登録が可能です。(データ固定のために症例登録を打ち切る際は、1ヶ月以上前にご連絡させていただきます)
2) 2018年4月まで遡らないと2019年3月末時点で心房細動アブレーション施行が30例確保できない施設は、J-ABレジストリ事務局(j-ab@ncvc.go.jp)までご相談ください。